【静岡県浜松市】中古車・新車の販売から買取。板金塗装もケーユーオートへお任せ!

浜松で新車・中古車・整備・車検・買取のことなら

KU AUTO  有限会社ケーユーオート

新車・中古車・整備・車検買取

浜松市で中古車・新車の販売から買取、板金や整備点検修理まで車に関することはおまかせ下さい。購入後のサポートも充実。新車・中古車販売・買取・無料査定いたします。 

本社 〒433-8105静岡県浜松市北区三方原町468-10
TEL:053-437-6666 FAX:053-436-8226

誰でもデキル低燃費節約術

だれでもデキル低燃費節約術

燃費向上はガソリン代のsつ焼くに

ついこの間まで、1L100円を切っていたガソリン価格が、今や150円を越えています。
物価上昇はガソリンだけにとどまらず、食料品などもじわじわと上昇して、日常生活を脅かしています。
海外での最近の食料品の上昇は既に20%を越えているといわれています。
ガソリン代を安くする為には、「燃費を良くして消費量を抑える」か「ガソリン価格そのものを安く入手する」の2点に絞られます。小さなことも積み重ねで、やっているのといないのでは、年間にするとかなり違ってきます。ガソリン代高騰の今こそエコ運転をはじめてみませんか?

アイドリング

無駄なアイドリングをやめて燃費向上
公共交通機関で「アイドリングストップ車」が取り入れられはじめています。エンジンがかかっている状態である、アイドリング時はガソリンを消費しています。エンジンの始動時には、ガソリン消費量が多いといわれていますが、アイドリング5秒間で消費するガソリンの量に相当する程度だといわれています。つまり信号などで5秒以上停車する場合は、エンジンを切った方がガソリンを節約できます。とはいえ、バッテリーにかかる負担もあり、乗り心地にも響いてくることもあるので、一概にはいえませんが、こまめなアイドリングストップを心がけましょう。

渋滞での運転

渋滞での効率のいい運転
渋滞での頻繁なストップ、ゴーの繰り返しは沢山のガソリンを消費し、燃費が悪くなります。
少しでも無駄を省いて省エネ走行するには、なるだけアクセルを踏み込まずに、惰性で停まることで、若干はガソリンの消費が少なくはなりますが、一旦渋滞にはまってしまうと、渋滞を抜けた後にエコドライブを心がけても、渋滞でのガソリン消費分は取り戻すのはむずかしいです。ということで、時間をずらす、ルートを変えるなどで、渋滞を避けて走ることが、一番のガソリンの節約になります。最短距離を選ぶより、遠まわりでも渋滞にはまなないルートの方が、トータルのガソリンの消費も少なく、時間も早かったりなんてこともあります。

高速道路での運転

高速道路での効率のいい運転
高速道路は、信号がなく、ほぼ同じスピードで走れるので、一般道路よりも燃費はよくなります。肝心なのはアクセルはパーシャル状態で、同じ速度で走ることです。そのためには余裕のある車間距離を保ち、追い越しをあまりしないこと。どうしも追い越しをする場合や、合流時など加速が必要な場合は、アクセルを踏み込んで速やかに加速します。勾配のある場合は、登り坂では一定の速度だと逆に燃費が悪くなるので、アクセルを踏み込み、下り坂ではアクセルから足を離して、エンジンブレーキを使います。また 走行速度も速度があがるほど空気抵抗を受けて、燃費が悪くなります。車種によりますが、80km/hくらいが一番燃費のいい速度だといわれています。

エコドライブのススメ

エコドライブで環境にも車にも優しく
エコドライブは二酸化炭素削減で環境に優しいというメリットもありますが、同時に燃費も向上します。車種や道路状況、運転によって異なりますが、エコドライブするのとしないので約1.5倍燃費がのびるというデータもあります。

発進時
急加速は燃費向上の天敵です。停車状態からでも出来るだけアクセルをゆっくりと踏み込み加速するようにすれば、必ず燃費は向上します。ブレーキペダルから足を離したら、一呼吸おいてゆっくりアクセルを踏みます。オートマ車の場合は、ブレーキから足を離すと自然と前に進むので、進み始めてからゆっくりアクセルを踏み、緩やかに加速します。

走行時
アクセルを踏めば踏むほど沢山の燃料が消費されます。なるだけ一定速度で走行し、無駄なアクセルワークはしないよう心がけます。アクセルは同じ力加減で緩く踏みっぱなしに、下り坂ではアクセルから足を離します。

急ブレーキ
急ブレーキが燃費と関係あるの? と思われる方も多いと思いますが、急ブレーキや急激な減速を減らすだけでも燃費が向上します。急激な減速をすると言う事は、加速に費やした燃料エネルギーを一気に消滅させてしまい、急激な減速の分だけ無駄な燃料を沢山使ってしまったと言うことです。

停車時
車の流れや信号の状態を把握しながら先を見て運転することで、停車のタイミングを予測し、早めにアクセルから足を離し、惰性で走りながら速度が下がった状態でブレーキングします。

新車・中古車の整備や車検、買取について、どんなご相談にも応じます。 お問い合わせフォームでのお問い合わせも受け付けておりますので、 お気軽にお問い合わせください。